会社案内


社長挨拶

昭和2年に創業以来、鉄筋の加工組立工事において常に四国における業界のトップの受注量、工事高を堅持してまいりました。それは、徹底した技術と信用へのこだわりから生まれてきたものです。「無から有を生み出す」私たちの技術は次の時代にも残る建造物を創りあげています。 私たちは仕事を通して、いつの時代も”心に響くかたちを創りたい”それが私たちの喜びです。

CEO

代表取締役

武田 美治


経営理念

感謝の精神をもって、信頼される会社として社会に貢献する。

進取の精神をもって需要を掴み、それに対応できる技術の向上をめざす。

会社の繁栄を通じて、全従業員が幸福になる。


概要

設立 昭和2年
資本金 1,500万円
代表者 代表取締役 武田美治
所在地 香川県木田郡三木町井上3000-45 ≪地図
電話番号 (087)898-3500
社員数

60名

(現場 30名 /工場 18名/工務 9名/その他 3名)

事業内容 鉄筋工事
関連企業 信栄工業(株) (総合建設業)
(株)アルマット (エスパーフープ製造業)
お問い合わせ info@takeda-const.co.jp

有資格者一覧

資格名 資格者数
登録鉄筋基幹技能者 10名
1級鉄筋技能士 27名
2級鉄筋技能士 2名

沿革

昭和2年

武田組創業。 旧高松市庁舎、高松高校、旧北警察署など県下の主だった工事を施工し、四国四県はもとより戦時中遠くは中国地方、九州方面などにも出張し、業績を上げる。

昭和27年 武田鉄筋建設(株)設立。 終戦後鉄筋工事の増加のともない、株式会社として会社組織を固める。
昭和30年 武田建設(株)に社名変更。 鉄筋工事と併せて総合建設部門にも進出し、安養寺、石橋内か医院、岡田ビル、端岡厚生病院、丸大ハム浦江工場など、総合建設業としても多くの業績を上げる。
昭和33年 高松市東田町に新工場建設(356m2)
昭和35年 高松市観光町に工場移転
昭和36年 木田郡洲端(現木太町詰田川)に第一工場(1,840m2)を新設
昭和41年 木田郡牟礼町に社員住宅新築(2棟8戸)
昭和43年

木田郡牟礼町に第二工場(6,600m2)新設

木田郡牟礼町に社員住宅増築。

昭和48年 高松市東田町に旧独身寮新築。
昭和56年 高松市東田町に独身寮新築(RC造6階 28室)現在に至る。
平成3年 高松市東田町の独身寮を全面改築(RC6階 16室)
平成4年

ロゴマーク改訂

中国より研修生受入開始

平成5年 牟礼町に新社屋竣工(現 牟礼COOP)
平成6年 高松市東田町に女子寮竣工(RC造3階)
平成8年 (株)アルマットをグループ企業としてスタートさせ、閉鎖型フープの生産を開始。
平成11年 (株)アルマットにてスリーブ補強金「ワンダーリング」の生産販売開始
平成14年 ISO 9001:2000 取得(JQA-QM8010)
平成15年 高松東ファクトリーパークへ本社および工場移転
平成22年 ISO 9001:2008更新 (JQA-QM8010)

歴代代表者

武田 美登 武田 邦治 武田 省三

武田 美登

武田 邦治

武田 省三